昨日は夫の誕生日でした。


プレゼントや夕飯の食材を買いに行こうと、自転車の鍵を持って駐輪場に行くと

自転車がない…!


…えーと、私が最後に使ったのはお習字のお稽古に行った金曜日だから
もしかして稽古場に置いてきたかな?
やー、まさかねぇ。

ジリジリと太陽が照りつける中、歩いて稽古場まで。

ない。
ないよなー。

おかしいおかしい…と考えを巡らせながら駅まで歩く。
盗難を疑い始めた頃、駅前のスーパーの駐輪場で

うちの自転車ーーー!!!

なんでこんなところへ?!


………


思い出された光景がありました。

金曜日の夜、家で映画でも見ようか、ということになり
夫が映画のお供に夜食を買いに行ったのです。
ついでに牛乳や納豆もお願いして。

その後、のんびり映画鑑賞をし就寝。


…時間を巻き戻してみると、あの時夫は自転車で行かなかったか?

もしや…

いやいやいや、自転車の鍵も戻してあるというのに。



ま、いいや。
とりあえず自転車を引き出さねば。

ここでとんでもないことに気づく…!

ここは有料駐輪場。
最初の90分だけ無料で、本来お買い物をしたらサッと出るところなのだ。

恐る恐る精算機で駐輪機番号を叩く。

日差しを手で遮りながら画面に表示された金額…

サーッと血の気が引きました。。。

ぎょえー!
今まで見たことないよ、こんな額!!
とにかく一刻も出さねば!!!

(額は伏せますが、お察しください。。。ショボン)

でね、一万円札が使えないんですよ、あの精算機って。
とりあえず千円札に崩さなくてはならないので、すごい勢いでスーパーで買い出しをしました。

夢であってほしいと思いながら、
もう一度精算機に挑み
やはり現実を突きつけられ
無残に吸い込まれる大量の千円札(涙)


放心状態で家路についたのでありました…



夫に事情聴取してみたところ、やはり自転車に乗って徒歩で帰ってきたことが判明。

なにやっとんねんー!!


そして誕生日にも関わらず、嫁からの返済を迫られる夫。。。



しかしまぁ、お誕生日にはお祝いのケーキがつきもの!
気を取り直してサバラン作りましたよ。

[PR]
by oyatsucreator | 2017-05-31 12:55 | 日々の暮らし | Comments(0)

日頃から食べ物はついシャッターを切ってしまうのですが、もう少し上手に撮りたいと思いまして。
何せ狭い我が家、余計な生活感が映り込む(笑)
うーん、困った。。

以前の職場で商品撮影の現場に立ち合わせていただいたことがあって、その景色を思い出しながら、家庭で手軽にコンパクトに撮影する何か良い方法はないだろか…と調べてみたところ、

あったあった!『撮影ボックス』なるもの!

こう白いボックスを横倒しにした感じで、その中にブツを置いて撮る、と。

お菓子くらいのサイズなら、これで十分だよね。



検索ツールをみてみると


おや?



『撮影ボックス 手作り』『撮影ボックス 作り方』『撮影ボックス 自作』



これはもしかして自分で作れる?!


皆さん100均一やホームセンターの商品で工夫して作られているのですね。

いくつかのサイトを参考に読ませていただき、そのままホームセンターへ。


なんでも「プラダンの透明」、これがポイントらしい。

※プラダン=プラスチックのダンボールのようなやつ


きちんと光を取り込むことが大事なので「白」ではなく、「透明」なのです。




プラダン、透明、プラダン、透明…


白しかないやないかーい!!



私の中でなんでも揃うワンダーランド、ホームセンターのはずが(涙)。。



それで、ダメもとで100均一に立ち寄ったらですね、


見つけちゃいましたよ!

すごくぴったりな商品。


カラーボックスに取り付ける「プラスチックドア」!!

透明のプラダンでできていて、カットする手間も省けるし、カラーボックスに取り付けるための接着パーツも付属品として入っているし、これを組み立てたらできるんじゃない?


購入品

・プラスチックドア(透明) ×5

・模造紙(白)

・クリップLED ライト ×2

計¥800



今の100均一ってLEDライトまであるんですね。

いやーたまげた。


プラスチックドア3枚で囲いを作り、2枚を屋根に、模造紙でバックを作り、LEDライトで上から照明を当てます。

組み立て時間は不器用な私でも15分程。



撮れた画がこちら。

e0368278_12514669.jpg



うむ、シンプル(笑)!


ぐっと商品感が出ますなー。



LEDライトは少し青みがかってしまうので改良の余地ありですが

背景問題がお手軽にクリアできて、私としては大満足です!


ご興味あればお試しをば。



あー朝からプリン食べちゃった!

カラメルって大発明だと思うの。美味しいな。





【募集中】6/7(水)&6/14(水) 14:00〜16:00
父の日アイシングクッキーワークショップ @ 武蔵小杉
とっても楽しみです♪どうぞ宜しくお願いいたします!

[PR]
by oyatsucreator | 2017-05-30 13:02 | 手しごと | Comments(0)

ハミングバードケーキ

バナナケーキを開拓したくてうずうずしていたところ、発見したレシピがこれ。

『ハミングバードケーキ』

もう名前からして可愛いじゃないか!!
ずるい!

アメリカ南部発祥のバナナとパイナップル、ピーカンナッツが入るケーキです。
クリームチーズのフロスティングがよく合うのだそう。

そのまま鼻息荒く近所の八百屋さんに走りましたよ!!
サザエさんばりに。
バナナとパインが今日は安売り!ラッキー!

本来はサラダオイルでしたが
ココナッツオイルにかえて作ってみました。

e0368278_18430541.jpg

彩りにベランダのハーブを飾って。

ハミングバードはハチドリの意味ですが、ハミングしちゃうほど美味しいからという説も。

なるほどアメリカンでボリュームたっぷりですが、コーヒーに合いそう。
オイルベースの土台なので、ミルキーなフロスティングでバランスをとっているんですね。
パインがジューシー。

今年はパナップルが流行るとか?!
上手な使い方を探っていこっと。


【募集中6/7(水)&6/14(水) 14:00〜16:00
父の日アイシングクッキーワークショップ @ 武蔵小杉
どうぞ宜しくお願いいたします!

[PR]
by oyatsucreator | 2017-05-25 18:29 | 作ったお菓子 | Comments(0)

先日のサバランの投稿で最後にババのことをさらっと書いたんですが、
ふと、こうしたお菓子の成り立ちを記しておくことは、自分の備忘録として何か役立つのではと思いまして。

少しずつ書いてみます。


手始めに、そのババの話。

18世紀初め、フランスのロレーヌ領主だったスタニスラフ・レシチニスキさん(ちなみにポーランドの元王様でもある)が

①好物のクグロフが固くなっていたのでラム酒をかけたら美味しくなった!
②歯痛に苦しんでいたのでクグロフを柔らかくするためラム酒かけた!

…まぁ彼が虫歯だったかどうかはいっか(笑)


それはそれは気に入ったので、

①愛読していた『千夜一夜物語』に登場するアリババちなんで
②ポートランド語でオバサンを意味するバブカ(babka)から
③完成させた菓子職人が喜びのあまり叫んだ「ババッ!」

…ババッ!!!て(爆)

なんとなく①が有力でしょう。


19世紀初頭、菓子職人ストレーがアリババを看板商品として売り出し、民衆に広まります。

このストレーのお店、今ではパリ最古のパティスリー。

私もフランスに行った時に行ってきました。
通りの普通の商店の間にあって、ちょっと拍子抜け。

お菓子の種類はびっくりするほど多かったです。
e0368278_19282951.jpg
e0368278_19285175.jpg
あああああ、美味しそうな焼き色!

しかし、ここはもちろんアリババを買いましたとも!
e0368278_19290288.jpg
発祥のお店の味はどんなにインパクトが強いんだろうと身構えていましたが、思いの外ラムがきついわけでもなく美味しくいただきました。

同時期にイタリア・ナポリの貴族の料理人がババの製法を持ち帰り、ナポリの名物にもなったそうです。


ババの特徴はコルクの栓型でレーズンが入って、ラム酒が効いていること。
これがサバランに発展していくわけですが、

それはまた、別の話。


募集中6/7(水)&6/14(水) 14:00〜16:00
父の日アイシングクッキーワークショップ @ 武蔵小杉
どうぞ宜しくお願いいたします!

[PR]
by oyatsucreator | 2017-05-24 19:34 | お菓子の歴史を辿る | Comments(0)

たまにはこんなのも作ります。

自分の体調に耳を傾けて、今日は植物性の材料のみで作ってみました。

e0368278_16030311.jpg

焼けた、焼けた、れんこんクッキー。

配合は
れんこん・小麦粉・全粒粉・アーモンドプードル・てん菜糖・太白ごま油•塩

じっくり炒めたれんこんを練り込みました。
ざっくり食感に根菜の香りにお塩を効かせて、れんこんチップスを甘くしたようなイメージです。

ふふふ、止まらんー!


10代、20代は1日ケーキ2〜3個は平気で食べてた。
深夜の焼肉もモリモリ食べてた。食べれた。

30代に差しかかる頃、あれ?食べれない…??
急激な変化にちょっと戸惑いました。


バターたっぷりのお菓子は絶対的に美味しい!
これはもう自分の中で揺るがないし、作り続けたい、食べ続けたい、今も。

ただ今はそれにこだわらず、よく自分の体調や欲しているものを観察して、そのとき食べたいなと素直に思えるものをトライするようになりました。
私は菜食主義者ではないのですが、シーンに合わせて、無理なく自分と照らし合わせ取り入れていきたいです。



【募集中】6/7(水)&6/14(水) 14:00〜16:00
父の日アイシングクッキーワークショップ @ 武蔵小杉
とっても楽しみです♪どうぞ宜しくお願いいたします!


[PR]
by oyatsucreator | 2017-05-23 16:03 | 作ったお菓子 | Comments(0)

良いお天気が続いていましたが、ここ最近は黙々と家にこもって作業しておりました。

と、いうのも。


アイシングクッキーのワークショップをさせていただくことになりました!!

場所は武蔵小杉のおやつ研究所さん。
私自身が大ファンのお菓子屋さんです!

日程が6月なので父の日に向けて…と
あーでもない、こーでもない言いながらできたのがこちら。
e0368278_23392374.jpg
へべれけ白くま(笑)!!!


「またママに怒られるかなぁ〜
この折詰にしてもらったサーモンのお寿司で勘弁してくれないかなぁ〜
…いや、パパだってたまには飲みたいんだぞ!!ブツブツブツブツ…」

ちょっぴり飲みすぎてしまった白くまパパは千鳥足。
それでも家路を急ぎます。

だって、待っている家族がいるんだもの。


…こんなストーリーの一場面を切り取ったデザインにしてみました。


どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

以下詳細です。
====================
◆内容
こちらでご用意したクッキーにデコレーションをしていただきます。
今回は男性にも喜んでいただけるコーヒーを練り込んだほろ苦クッキー生地に、アイシングは安心してお召し上がりいただける植物由来の色素を使用。
作品はお持ち帰りいただき、レッスン後にはおやつ研究所さんの美味しいお菓子とお茶をいただきましょう♪
初めての方大歓迎です!

◆日時
①2017年6月7日(水) 14:00〜16:00
②2017年6月14日(水) 14:00〜16:00
※終了時間は目安となっております

◆場所
おやつ研究所
東急東横線・東急目黒線・JR武蔵小杉駅から 徒歩約12分

◆参加費
¥3500-
(レシピ・材料費・おやつとお茶代+作品クッキー5枚のお持ち帰り付)
※今回は大人の方のみ対象のレッスンとなっております。ご了承くださいませ。

◆持ち物
エプロン・お手拭きタオル・筆記用具・お持ち帰り用マチ付バッグ

◆お申し込み方法&お問い合わせ
宛先:class.k082*gmail.com(*を@に変えて送信してくださいね)

件名:アイシングクッキーWS
本文:1. お名前
   2. ご希望日①or②
   3. 人数
   4. アイシングクッキー経験の有無
   5. その他ご質問などありましたら

※開催日3日前までにご連絡ください
※こちらでメール受信確認後2日以内に返信いたします
 2日経っても返信がない場合は、恐れ入りますが再度ご連絡お願いいたします


KAYA oyatsu works イトウ カヤコ
====================

毎日家族のためにお仕事を頑張ってくれているお父さん。
たまにはちょっと酔っ払っちゃっても、元気でいてくれることが一番ですね!

あ、しらふの白くまにしていただいても全然構いませんよ(笑)!

[PR]
by oyatsucreator | 2017-05-22 13:00 | お教室・ワークショップ・イベント | Comments(0)

愛しのサバラン!

お部屋を探し始めました。
整ったキッチン、ゆったりとしたダイニング。
間取り図を見ながら夢は膨らむばかり…!

しかし、いかんせんネットの膨大な情報量を目を皿のようにして見るのは疲れる。。

とにかく動こうと、ドキドキしながら足を踏み入れた地元の不動産屋さんが頼もしくて嬉しい限り!
大変心強いです。
良い物件と巡り会えるといいな〜。


そしてよりイメージを膨らませるために、家具屋さん巡りをしてきました。
目黒通りが「インテリア通り」っていうの、知らなかったー。
夫のバイクの後ろに乗っては降り、数十メートル乗っては降り、の繰り返し。

再確認したのはお互い、愛着を持って長年寄り添えるものと暮らしたい、ということ。
私はヴィンテージの折りたたみ机が気に入ってしまい、いつかお迎えしたい…!と密かに想っております。


そんな中またお菓子屋さんに出会いました。
武蔵小山 アントワーヌ・カレームさん。

焼き菓子からチョコレート、ショーケースの生菓子も充実しています。
生菓子にたくさんの種類のプチケーキがあってとっても素晴らしい!
これ、詰合わせにしたらどんなにかわいかろ。

迷いに迷って選んだプチサバラン!
チョコレートとオレンジ、パッションフルーツの組み合わせです。
e0368278_17160386.jpg
ぷっくり丸い生地から、リキュールの効いたシロップがジュワ〜。
夫はサバランの美味しさに目覚めた模様。

サバランって見かける機会が減ってちょっと残念なのです。
やっと会えたね!みたいな。

もとのババというお菓子(「千夜一夜物語」のアリババが由来だとか)から歴史を追っていくつもりです。

[PR]
by oyatsucreator | 2017-05-21 17:19 | 食べたお菓子 | Comments(0)

黄金週間2017〜世田谷編

本日も朝から先週の余韻に浸っております。
e0368278_09281186.jpg
こちらcimaiさんのイングリッシュマフィン。
トースターでほんのり焦げ目がつくまで焼き、バターとハチミツをとろ〜り。

この後いったん干した洗濯物をベランダに落とし、再び洗うことになるなんて。。
今洗濯機回しちう(涙)。

cimaiさんは埼玉・幸手市のパン屋さん。
気になってはいたものの、さすがに幸手まで行くタイミングはなかなか…と思っていたところ
このゴールデンウィーク、一周年のイベントをされていた下高井戸のyasukesunfoodさんで出会うことができました。

yusukeさんのミルリトンの大ファンなのです!
e0368278_09285353.jpg
キャラメルバナナ入り(鼻血)!!!

通常は店頭の小さな窓からコンニチハとお菓子をいただくのですが、この日は色々なお店が出店されていて中までお邪魔しちゃいました。
素敵な店主さんにもお話を伺うことができました。
生き生きとお人柄が滲み出るお菓子、大好きです。
パウンドも3種類ほど頂いて、ゆっくり家で味わうことにしました。


せっかくなので世田谷線に乗って、池の上へ。
途中「ぶらり途中下車」のモノマネをしつつ(笑)

おやおや、和菓子屋さんがみえてきましたよ〜(オヒョイ風に)
e0368278_09293235.jpg
ずっと行ってみたかった、まほろ堂蒼月さんです!
e0368278_09294638.jpg
この季節の上生菓子のモチーフは花菖蒲。
上品な甘さのあんこと練り切り。
暑かったのでスッキリした冷たいほうじ茶とよく合います。
夫は柏餅にかぶりつく。男子だね。

そのまま豪徳寺にお参り。
井伊直弼が眠っているのですね。
最近「竜馬がゆく」を読んでいる夫は、本の中に出てくる人物ゆかりの地に大興奮です。

なんだか招き猫も大量に祀られていました。
e0368278_09300498.jpg
…うーん、ありがたいようなちょっと怖いような。。

この後で豪徳寺のパン屋さんuneclefさん→松陰神社まで徒歩で行きましたが、何せこの日は30℃、歩くので精一杯で写真を撮り損ねる。
ただひたすら私の手の中にはお菓子やパンの包みが増え、夫はまた吉田松陰先生にご挨拶して感慨深げ。
uneclefさんのサツマイモのカップケーキが、どっしりお芋そのものを食べているようで美味しかったな。

この近辺は、徒歩・バス・世田谷線を駆使すれば随分いろんなところが回れそうですね。
世田谷線の走る風景が良くて、ちょっと住んでみたくなりました。

[PR]
by oyatsucreator | 2017-05-12 09:27 | 食べたお菓子 | Comments(0)

黄金週間2017〜奈良編

久しぶりに朝からしとしと雨。
晴れていると出かけたい、でもやることはインドア系な天の邪鬼気質なので、たまに雨くらいが丁度良いかも(笑)


ゴールデンウィーク奈良編。

春日大社の参道にある萬葉植物園にて、藤を鑑賞。
e0368278_09264259.jpg
一口に藤といっても、ただ紫ではなく品種によって淡い色だったりピンクだったり。
綺麗に手入れされた藤棚は見事です。
e0368278_09270551.jpg
開花間近の八重の藤はバラみたい。
今にも溢れだしそうで可愛らしい。
e0368278_09272577.jpg
しかし野生の藤は「森のギャング」との異名をもち、巻きついた他の樹を絞め殺すという。

………。

恐ろしかー!!

これ、すごく巻きついてるやん。。。↑
空高く生き生きと咲いておりました。


飛鳥では「あすかルビー」という苺に出会いました。
e0368278_09274527.jpg
丸みがあって大粒、ジューシーで程よい甘みと酸味。
これでショートケーキ作ったら美味しそう。
せっかくなら古墳型とかでやってみたい(笑)

アスカウェイブと女峰を交配して2000年に品種登録された苺だそうで、へー新しい苺なんだなあと思ったけど、もう「古都華」という新品種に世代交代が始まっているとか。
農産物の入れ替わりのスパンって思いの外早いんですね。

[PR]
by oyatsucreator | 2017-05-10 09:26 | | Comments(0)

黄金週間2017〜京都編

デジタルスケールが届かないと喚き散らし、そのままゴールデンィークへ突入。
結果ブログ放置という、この体たらくですわ。。

ちなみにデジタルスケールはあの後発送元と郵便局に電話をかけ、なんとか届きました(汗)。。


ゴールデンィークは当初これといって何も予定を決めていなかったのですが、前半は奈良・京都へ行ってきました。
京都迎賓館の一般公開に当たったと実家の両親から誘いを受けて、ラッキー!
急遽新幹線に飛び乗りました!

迎賓館の前にイノダコーヒで一服。
「コーヒー」ではなく「コーヒ」なのね。
高倉健さんも愛したというお店です。

カウンター席をお願いすると360度見渡せるカウンターでコーヒーを淹れてくださいます。
さながらステージのショーのようで格好良い。
e0368278_16595920.jpg
先日聞いた話によると、関東は浅煎り、関西は深煎りが主流だという。
イノダさんもしっかり深煎りにミルクを入れて飲みます。
一緒にいただいたアップルクーヘンのババロアのような軽くまったりとしたクリーム感に、コーヒーがよく合う。


肝心の迎賓館の一部も少し。

敷地内に足を踏み入れると、スーッと周りの針葉樹の香りが漂って背筋が伸びます。
別世界にやってきたよう。
e0368278_17004897.jpg
これが有名な藤の間です。
ただただため息。
e0368278_17011935.jpg
藤の刺繍の設計図。
緻密すぎで発狂しそう。。
e0368278_17021732.jpg
ブータン国王夫妻が乗ったのいうお船。
池に放たれた鯉まで立派で珍しい模様ばかりで、一匹いくらするんだと庶民は余計な妄想がぐるぐる(爆)

素晴らしい調度品の数々と行き届いた環境。
絢爛豪華な中に凛とした品がある日本ならではの世界観。

海外からのお客様が日本のおもてなしを気に入ってくれるといいな。


お土産も忘れちゃいません(笑)

オ・グルニエ・ドールの木の実のタルト!
e0368278_17023607.jpg
ナッツがふんだんに入っています。
スタイリッシュな長方形。
この箱にぴったりな感じがまた。

それから京都駅の鶴屋吉信で可愛い琥珀糖を見つけました!
e0368278_17025731.jpg
京都の八条口がリニューアルされてて嬉しい!
いつも551の肉まんに吸い寄せられてしまうけど(爆)!!

[PR]
by oyatsucreator | 2017-05-09 16:59 | | Comments(0)