人気ブログランキング |

おやつは別腹

東京都・大田区の自宅で少人数制のお菓子教室をしています。ブログでは日々の出来事を綴ります。

研究レッスン二本立て! レッスンレポ

蒸し暑くなってきた土曜日。
そろそろ梅雨明けの気配ですね。

今日は久しぶりに午前、午後続けてのレッスン。
「お砂糖の会 〜サブレ焼き比べ編」と「小麦粉の会 〜スポンジ焼き比べ編」の研究レッスン二本立てでございます。
朝からピシャピシャ自分の顔を叩いて気合を注入!っしゃー!


午前中は「お砂糖の会」です。
初めましての方を含む、4名様にご参加いただいたので4種類のお砂糖でサブレを焼いてみることに。

併せてアイスボックスクッキーの基本的な作り方もご紹介しました。
ここで棒状に成形するマル秘テクニックをお客様に伝授!
生地を形づくるときに均一な棒状にならない、指の跡がついて気になる、ということはありませんか?
そんな悩みが一気に解消されちゃう、ちょっとした裏技をやってみました。
「こんなやり方があるんですねー!」とお客様にも喜んでいただけた模様。
私もお菓子屋さんで働きながら教わったことなのですが、これ考えた人神か!!!と思いましたもん(笑)
何事も創意工夫が大事ですね。

サブレを焼いている間は私のシュガーコレクションを大放出!
こういう仕事をしていると珍しいものや旅先で出会ったものは買っちゃうし、お土産や差し入れでいただいたり自然と色々なお砂糖が集まってくるんですよね〜。
みんなで食べ比べをしてみました。
個人的にハマったのはスリランカのスーパーで買った「ジャグリー」。
甘いヤシの糖蜜で濃厚なラム酒のような風味があります。
それから鹿児島の日昇精糖さんの黒糖は取り寄せてでも食べたい逸品。
奈良の日本最古の砂糖商 増尾商店さんの生砂糖も美味しい。
…話し出したら止まりません(笑)

そうこうしているうちに、サブレが焼きあがりましたよ〜!
よく見ると生地の面からして、それぞれの違いが出てますね。
e0368278_17334425.jpeg
左から上白糖→粉糖→グラニュー糖→きび砂糖です。

いざ実食。
「この食感が好き!」
「こっちは昔お母さんが作ってくれたような懐かしい味がする」
お客様の間でも意見が飛び交います。


ひと段落したところでお昼です。

e0368278_20152566.jpeg

メニューは
・冷やし中華
・大根としめじ、玉ねぎの鶏スープ
・アニスと杏のヴィクトリアサンドイッチケーキ
です。

前々日まではカレーのつもりだったのですが、急に気温が上がって来たので冷や中に予定変更!
ピーラーで剥いてひらひらさせたキュウリとラー油であえたピリ辛のゆで鶏がポイントです。
これが今年初の冷やし中華という方が多かったみたい。
タレを自作できることがわかったので、この夏は色々なバリエーションで楽しみたいと思います。
メインが冷たいので鶏のだしが出たスープはほっこり温かく。
サブレの食べ比べがあったので、ヴィクトリアサンドイッチケーキは小さめカット。
バターケーキ生地にアニスの風味を効かせて、酸味が美味しい自家製杏ジャムをサンドしました。


さて後半戦の午後は「小麦粉の会」。
午前から引き続きの2名様、この回から参戦の1名様の計3名様のご参加です。

準備した小麦粉の中からお客様と相談して3種類を選び、スポンジケーキを焼いていきます。
産地やタンパク量、灰分量など、なるべく違う条件の粉を揃えたつもりでしたが、しっかりその差がスポンジに現れましたよ!

e0368278_17341307.jpeg

むむむ!
焼き上がりの高さも断面の色も、並べてみると違いが一目瞭然。

製菓材料店に行くと「口どけの良い」「ふわっと羽のように軽い」などとその粉の特徴説明があったりするのですが、粉で口どけが良いって…?正直わかるようなわからないような。。
それが今回このスポンジを実際に食べ比べてみると、言わんとしていることがよーくわかりました!
体感してやっと腑に落ちた感じ。
皆さんとお話しして行き着いた結論は「違いもよくわかったけど、どれも美味しい!」ってことだったんですけどね(笑)

残った生地はスコップケーキに仕立ててお持ち帰りいただきます。
前回桃を用意したばっかりに変色するのを防ぐためにサンドの具に回す分が多くなってしまったので、桃はやめました(笑)!

e0368278_17344709.jpg

かろうじてまだチェリーがあってよかった。
赤い色があると映えますね。

e0368278_17362223.jpeg

ずっしりタッパーいっぱいに出来上がったスコップケーキ。
色々なフルーツが出てくるのがこのケーキの美味しいところ!
思いっきりスプーンですくってお召し上がりくださいね。


ずっとやりたかった研究レッスン。
皆さまにとって新しい発見がありましたでしょうか。
違いがわかったら、こんな食感を出したい・こんな風味にしたいという狙いに近い味が作れるようになるということ。
ぜひこれからのお菓子づくりの参考になさってくださいね。

私自身もとっても楽しかったので、また新たな企画を妄想中です。ムフフフ。

7月のレッスンはこれにておしまい。
今月もご参加くださりありがとうございました!


by oyatsucreator | 2019-07-27 23:00 | レッスンレポ | Comments(0)