お好み焼き 福竹

こんにちは。
暮らしにそうお菓子教室「わたしのおやつ」@東京都大田区です。


まずは、今日の嬉しかったこと。
習い事のお習字が準二段に昇格しましたー!やたー!
夫が飲み会で不在なのを良いことに、お祝いと称してひとり夕飯に美味しいお肉をジュージューしました♡
なんてひどい嫁なんだと思われるかもしれませんが、実はうちの夫、牛肉が苦手で食べられない。
なのに先日ゴルフでとってきた賞品が、まさかの山形牛。

「…では、ここはわたくしが。」

ということで、ありがたくお腹におさめさせていただきました(笑)


本当はお盆休みに観た「カメラを止めるな!」の感想でも書こうかと思っていたのですが、著作権だのなんだので揉めはじめたので一気に萎えた。。
よくありそうな構成ではあるけれど、ああ物創りの面白さってこういうことだよなーと思わせてくれる爽快な映画でありました。
映画館で観た方が断然面白いはず。


では、これもお盆休みに行った、物凄いお好み焼き屋さんの話。

どちらからともなく「お好み焼きが食べたい」と言いだし、近所のお店を調べることになりました。
数分後、夫が探し出したのが「お好み焼き 福竹」。
なんでも食べログの評価がかなり高いらしい。
ただ気になるのは、どのコメントにも大女将が登場すること。
並ぶ言葉は「ファンキー」「インパクト」など、もう只者ではない気配ムンムン(笑)
これは行くしかない!と立ち上がったのでした。

福竹さんは池上線 蓮沼駅から徒歩2分ほどのところにあります。
先に電話でお席を確保していただいていたのでスムーズに入店。
後から入ってきた数組はもう空きがなくお断りされていたので、電話しておいたのは正解でした。

どのテーブルの天板の上にもお好み焼きや焼きそばが並び、慌ただしい店内。
待つことしばし、「もうすみませんね〜」と額に汗を浮かべながらにこやかに注文を取りに来てくれたのは若女将。
愛想が良く気配り上手な娘さんです。

まずはドリンク。
珍しいのでアイスの抹茶にしました。めっちゃカテキン。

e0368278_18340423.jpeg

後でわかったのですが、このほろ苦い抹茶がお好み焼きとよく合う!
おすすめ。

はんぺんバターがやってきました。
これは絶対食べたほうが良いとの書き込みを信じて。

e0368278_18342456.jpeg

ここからが福竹の真骨頂、名物女将の出番です。

「あんたたち普段行っているお好み焼き屋ってどんなところ?」
「具材が運ばれてきて、自分で天板で焼くところです」
「はーい、私そういうの嫌いだからー!!お好み焼きはお好み焼き屋に任せろってんだ!」

お、おう。
心してたものの、これはなかなかの強烈キャラ。
バターをさっと溶かし、はんぺんを投入。
「じゃ、あんたたちでこれは4面焼いておいて!!」と言い残して去る大女将。

e0368278_18350235.jpeg

あ、はんぺんは自分たちで焼いて良いのか。なんて思いながら、教え通り念入りにはんぺんを焼く我々。

頃合いを見計らって若女将がやってくる。
「じゃあ仕上げをしますねー!」
なんだこの素晴らしいチームワーク。
マヨネーズを天板にひろげ、青海苔をたっぷり。これをはんぺんに絡めて完成です。
これがもう、想像を超えてものすごく美味しい!!!
我が家の定番メニューに仲間入りです。

お次、お好み焼きの福竹ミックス。

e0368278_18355498.jpeg

具沢山のスペシャルメニューみたいです。
先に具材がやってくるが、ここは大人しく大女将を待つ。

女将「それで、あんたはお好み焼き作るときどうやって焼くわけ?」
夫「こうやってひろげて…上からペンペンって(潰す仕草)」
女将「潰すだと?!なんでそんなことするの?」
夫「はて、なんででしょう?」
女将「もー!料理の作業には何でも理由があるんだよ!料理は科学なの!!ほんっと何にも考えてないんだからッ!!」

プリプリしながら手早く具材を広げる女将(笑)。

e0368278_18362098.jpeg


女将「じゃあ7分経ったら呼んでちょうだいッ!!よろしくぅ!!!(巻き舌)」

こ、これはもう仰せの通りにせねば。
こだわりの焼き時間を守らなければ。
しっかり時計をみて勇気を出して大女将を呼ぶ。

女将「ベリーグッド!!(巻き舌)」

その後も私たちの家族構成を次々と言い当て、子育て論などマシンガンのごとく喋り続ける大女将。

そして「今焼いているコレなんて私全然興味ないから!!」といいながら焼かれたお好み焼きが、超旨い(笑)

e0368278_18374618.jpeg

なぜだ。

〆は焼きそばです。
今度は私の番。

女将「焼きそばはどうやって作るの?」
私「具材をフライパンに入れて塩胡椒して…」
女将「何で塩胡椒するわけ?!」
私「麺にお酒を振りかけて…」
女将「酒なんか入れないと旨くならないの?!」
私「ソースを入れて…」
女将「ソースは全部入れたら絶対ダメ!!」

もうタジタジです(汗)
しかし大女将のいうことに間違いなし。

e0368278_18381029.jpeg
具材の存在感のあって、あっさりした焼きそばに仕上がりました!
これからはこの作り方にしよう。

好き嫌い分かれるお店かと思いますが、どれも美味しかったです。
大女将と若女将のタッグが最強。
お好み焼きはエンターテイメント!


↓↓ホームページはこちら↓↓8・9月のレッスン募集中です

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
Commented by rumi at 2018-08-27 13:06 x
初めては衝撃ですよね。
私も何度か訪問しています。実はお好み焼きってあんまり好きじゃないのですが、
福竹さんは美味しいですよね。
お酒が飲めないので、私もいつも抹茶です。
Commented by rumi at 2018-08-27 13:08 x
あ、準二段おめでとうございます。
Commented by oyatsucreator at 2018-08-29 22:46
> rumiさん
ありがとうございます。
rumiさんも行かれたことがあるのですね!
粉ものってたまに無性に食べたくなるときがありますよね。
またお世話になると思います。
by oyatsucreator | 2018-08-24 22:33 | 大田区・ご近所さん | Comments(3)