憧れのクレープシュゼット

クレープシュゼットの研究でYOU TUBEを見まくっていた時期があります。
目に楽しく、舌に美味しいデザートっていいなあって思って。

キリッとしたサービスマンが材料と道具が一式がのったワゴンを押して登場。

お砂糖をフライパンに振り入れ火にかけキャラメル状に。
バターを加えてジュワワ〜と溶かします。
そこにオレンジ果汁とオレンジリキュールを加え、クレープをクツクツと煮るのです。
最後はオレンジリキュールでフランベ。青い炎が上がるクライマックス。

この一連の流れ、マジシャンのような手つきに、もううっとり…♡

中にはオレンジの皮をらせん状に剥き、そこに炎をつけたグランマニエを伝わせるなんていうパフォーマンスをするレストランも。

…ああ、美味しそうー!!!


その後たまたまメニューにあったお店でいただいたり、家で作ってみたり。
でもあのパフォーマンスを目の前で見るチャンスはありませんでした。



そして今日。

ついに念願の本気(?)クレープシュゼットを食す日がやってきました!!!

目指すは日本橋高島屋の「アンリ・シャルパンティエ」。
クレープシュゼットの起源は諸説あるのですが、このお店はクレープシュゼットを考案したとされる19世紀フランスの料理人アンリ・シャルパンティエ氏がブランド名の由来になっています。
アンリ・シャルパンティエが働くレストランにフランスの王太子が恋人と食事に訪れた際、このオレンジソースのクレープを振る舞ったといいます。
その恋人の名前「シュゼット」をデザートにつけたという、なんともロマンティックなお話。

お店の前には順番待ちのグループがちらほら。
私たちは3番目です。
店頭のショーケースには季節のモンブランや林檎のタルトが綺麗に整列して、こっちを見ているではありませんか…!
色んな意味で、し、しんどい…。

いや。
今日はクレープシュゼットを食べにきたんだった。

席に座って間もなく、心に決めたメニューを注文。

私「あの、見に行ってもいいですか?作ってるとこ!」

店「…は?」

結構な大人がこんな申し出をするなんて、あちらも拍子抜けだったのでしょう(汗)
少しの間があって、ああどうぞどうぞ、と案内してくださいました。

この店舗ではサロン内の一角でパフォーマンスを見ることができます。

やってきました、フライパン。

e0368278_09525650.jpeg

と、すでに材料は全て投入済み。
欲を言えばイチから見たいところですが、それでも工程をスタッフさんが丁寧に説明してくださいました。
煮るときはコアントロー、フランベはグランマニエなんだって。へー。

いよいよフランベ。
カメラを持って近づくと、「あ、はねますよ!」と注意を受ける始末(笑)

e0368278_10034044.png

ファイヤー!!

美味しそうな香りが立ちこめます。

e0368278_10064954.jpeg

こうして運ばれてきたクレープシュゼット。
ソースをたっぷり絡めて、ひと口、ふた口…
美味しい!に浸っているうちに、姿を消しました。

このために、お昼ご飯を減らしてきた甲斐がありました!
もちろん夕飯はしっかり食べたけどね(笑)


【募集中のお菓子レッスン】





【Instagaram】やってます。

【facebook】⇒こちらから 覗いてやってくだされ。


【ブログ村】ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by oyatsucreator | 2017-11-12 15:53 | 食べたお菓子 | Comments(0)